FXが世界市場を動かしている!

金融取引には情報が必要!これ当たり前!!

個人投資家が増えてきた近年で急激な成長を続ける市場がある。それがFX取引だ。
このFX取引だが、簡単に説明をすると日本語で外国為替証拠金取引と呼ばれる金融取引になる。そして取引をおこなう商品は日本円と外貨(外国通貨)だ。

 

取引方法についても簡単で、円安と円高の為替レートを見て売買をおこなう。
ここで問題なのですが、円安と円高、意味を理解しているでしょうか?
テレビのニュースや経済新聞、またはインターネットのFX関連サイトなどで、たびたび耳に目にする機会のある円安と円高だが、しっかりと理解している人はどれぐらいいるだろうか?

 

初心者の人でよく間違えるのが1ドル=100円と考えて、為替レートが1ドル=90円になると円安、1ドル=110円になると円高と思っている人はいないだろうか?

 

確かに見た目はそうかもしれないが、しっかり考えて欲しい、1ドル=100だったものが90円で購入できるとなると、円の価値がドルよりも上回っていることになる。なので1ドル=100から1ドル=90円になったら、これは「円高」。
逆に1ドル=100円がが1ドル=110円になった場合には、ドルの価値が上がったことになるので「円安」となる。
そして、FXではこの円安と円高の差額、正確に言えば為替レートでの世界通貨と日本円の取引をおこない、どちらかの通貨同士の差額で利益を出す仕組みになっているのです。
先ほどの1ドル=100円のでドルを購入した後に、為替レートが変動して1ドル=110円になったとしら、ドルから円に両替をおこなうと、手元に戻ってくる日本円は110円となる。
はじめに100円で購入したので、110円−100円=10円の儲けということです。

 

FXではこの仕組みをもう少し大きな金額でおこなうことであり、取引をおこなう金額が大きくなれば、利益として残る金額も大きなものとなります。

 

ここではそんなFX取引に必要な基本的な知識と情報について解説を行い、FX投資初心者でも安心して取引を始めることが出来るようにするためのサイトです!!